MENU

葉酸はいつから飲むと効果的?

葉酸は妊婦さんにとって必要な栄養素ですが、では一体いつから摂るのが望ましいんでしょうか?一般的に葉酸は先天性の奇形予防のために
飲まれます。神経管閉鎖障害と言って原因は葉酸不足や遺伝で起きると言われています。特に初期の葉酸が足りないと神経管閉鎖障害の原因に
なると言われています。しかしこれは、妊娠前から葉酸を摂取することが望ましいそうです。
先天性の障害は妊娠10週までに多くの場合は発見されます。
つまり妊娠が分かってから、葉酸を飲み始めるより妊娠する前からあらかじめ飲んでおく必要があるということです。
なので一番飲み始めるのにベストな時期は、妊娠1か月以上前からと言えます。そこから妊娠3か月までの間に摂取するのがベストだと
思います!つまりそろそろ妊活を始めよう!という時期が飲み始めの時期ですね。

 

葉酸の効果は、先天性奇形以外にも色々あります。例えば葉酸は卵子の発育を妨げる「ホモスシテイン濃度」を低下させると言われています。
さらに流産リスクも下げてくれます。
これは血液中のホモスシティンの濃度が上がることで流産しやすくなるそうです。それを抑えてくれるのが葉酸です。

 

ベビ待ち葉酸サプリを飲むのは、妊娠しやすい体を作るのにも大切ですし、流産のリスクを抑えてくれるとも言われています。

 

そのため妊娠前から葉酸が摂れなかった…という人でも、妊娠してから葉酸を摂ることは十分に効果があると考えられます。
妊娠初期に一番心配なのが流産ですよね。これを少しでも予防できるなら…ありがたいですよね!
流産しやすい人は、何回か流産を経験している…なんて人もいると思います。そういった人はもしかしたらホモスシテインの濃度が高いのかも
しれませんね。そしてそれを防ぐためにも葉酸は必要な栄養素ですね。

 

一番の飲み始めのタイミングは、「妊娠1カ月前」で、先天性の異常を防ぎます。次の飲み始めのタイミングは「妊娠発覚後すぐ」先天性の異常もですが、
初期流産を防ぐ効果もあります。そして葉酸は出産後も摂取がおすすめです。
それぞれのタイミングで葉酸を摂取していきますが、摂取量は妊娠前、妊娠中、出産後で少し量が違ってきます。妊娠前は1日あたり400μgを目安に摂ります。
妊娠中は1日あたり480μgを目安にします。出産後は、1日あたり340μgが目安になります。

 

いかがでしたか?葉酸を摂取する時期とタイミングはわかったと思いますが、実際のところ自分がいつ妊娠するか予測はできないですよね。
最近は「妊活」も当たり前となっていますし、そういった人は妊活を始めよう!というタイミングから葉酸サプリを飲み始めましょうね!
もちろん飲み始めてすぐに妊娠するとは限りませんが、長く飲んでも将来の赤ちゃんのためになりますからね!