MENU

妊娠中に必要な栄養素って?

妊娠中に必要な栄養素と言えば代表的な物はやはり「葉酸」ですよね。葉酸サプリも今では主流になりつつあります。
そんな葉酸がなぜ欠かせない成分かというと、妊娠中のお腹の胎児の脳神経を作る手助けをする、とても重要な働きをするからです。
妊娠初期は特に葉酸が必要とされていて、不足すると胎児が「神経管閉鎖障害」という先天性の異常を発症するリスクが高くなってしまうのです。
それらを防ぐために、妊婦さんはしっかりと葉酸を摂取する必要があります。葉酸はもちろん食べ物でも摂取できます。葉酸が含まれる食べ物は
ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜が多いですが、一日の必要量400μgを摂取しようと思うと、相当量食べなくてはいけませんし、
実際には難しいと思います。そのために葉酸サプリがあるんですね!

 

それでは葉酸以外に必要な栄養素を見ていきます。
まず「亜鉛」です。亜鉛は骨や皮膚の形成を促す働きがあります。他にも免疫力を高めてくれるため、妊娠中の免疫力低下を防ぐことができます。
妊娠時は1日に13mgの摂取が必要となります。通常の約1.3倍です。

 

次に「鉄」です。妊娠中は鉄欠乏性貧血になりやすいですね。それはお腹の胎児に鉄分が取られてしまうため、ママは普段よりも多くの鉄分が必要になります。
私も普段は貧血とは無縁な体でしたが、妊娠中は貧血になってしまいずっとお薬を飲んでいました。
妊婦貧血になると酸素を運ぶ役割のヘモグロビンが減少して全身の酸素が不足して、めまいや身体のだるさを引き起こす可能性があります。
妊婦さんにとってめまいなどは、怖いものですし倒れてしまうとお腹の赤ちゃんも危険にさらされてしまいます。
それに体内の鉄分が少ないと胎児に十分な酸素が行き渡らなくて、発育に影響する可能性もあります。それらを踏まえてしっかり摂取する必要がある栄養素ですね。

 

「カルシウム」は骨を形成するために必要不可欠な物ですね。妊娠中はさらに胎児の骨を作るために大量のカルシウムが必要になりますので、
妊婦さんの身体はカルシウム不足に陥りやすいです。
妊娠時は通常の1.5倍のカルシウムを摂取しなくてはいけないと言われています。

 

その他に「DHA」は脳の発育を高める働きがあり「ビタミンB6」などは、妊娠中毒症やつわり予防にもなると言われています。

 

いかがでしたか?妊娠中は通常よりもどの栄養素も1.5倍近く多く摂取しなくてはいけないものばかりですね!
意識して食事をしたとしても、なかなか摂れる量ではありません。上手にサプリを利用して、しっかり栄養補給をして安心してマタニティライフを
楽しみたいですね!